院長ご挨拶

院長

院長
藤田 智純 
Fujita Tomoyoshi

1979年生まれ
医学博士 日本眼科学会認定眼科専門医 PDT認定医

2004年
香川医科大学医学部卒業
2004年
香川大学医学部附属病院卒後臨床研修センター
2006年
香川大学医学部眼科学教室
2007年
三豊総合病院眼科
2009年
香川大学医学部眼科学教室
2020年
ふじた眼科開院

この度、さぬき市志度に、ふじた眼科を開院させていただきました。私は、香川県観音寺市で生まれ育ち、香川大学を卒業して眼科医になりました。香川大学での2年間の初期研修医を経て、三豊総合病院で眼科を研修したのち香川大学に戻り、以降約10年、主に手術の腕を磨いてまいりました。

白内障手術と硝子体手術を専門として、多くの手術を手がけてまいりました。香川大学のほか、香川県立中央病院、KKR高松病院、小豆島中央病院、三豊総合病院での手術の執刀や指導を含めると、年間で約1,000例の白内障手術、約300例の硝子体手術に携わっております。ふじた眼科の手術室には大学病院と同クラスの設備を整えております。これまでの経験を生かし、高度な医療を地域の皆さまにご提供していく所存です。

また、今後は手術だけでなく地域の“かかりつけ医”としての役割も果たしていきたいと考えております。目に関することについて、わからないことや不安なことがあればお気軽にご相談ください。

副院長ご挨拶

副院長

副院長
藤田 名都子 
Fujita Natsuko

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

こんにちは。はじめまして。藤田 名都子と申します。
この度、ふじた眼科にて皮膚科診療をさていただくこととなりました。

皮膚は体を覆うものですが、心、内臓とのつながりがあり、それらのSOSが目に見えてくる場所としても存在します。
また逆に、目に見えるということ、かゆみや痛みを感じるということから、とても心に負担がかかることも多々あります。
皮膚を治すことはもちろん、それらのSOSを見逃さないようにすることも、皮膚科医の役目だと思います。 

症状は一進一退することもあり、上手につきあっていかねばならないこともあります。
同じお付き合いをしていくのであれば、症状を理解し、一緒に喜んだり、悲しんだりしつつ、少しでも前へ進んでいければと思います。

見せにくい場所など、一人で悩んで、症状を悪くされる方もおられます。
些細なことでも、一人で不安に思われず、どうぞ一度お見せください。

よくなる喜びを感じ、少しでも笑顔の方が増えますよう、最新の医療にも目を向けつつ、日々努力してきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • 岡山一宮高校卒業
  • 津田塾大学 学芸学部英文学科 中退
  • 香川医科大学(現 香川大学医学部医学科)卒業
  • 香川大学卒後臨床研修センター
2006年~2013年
香川大学医学部皮膚科学教室
2013年~2020年
香川県内の病院、施設、医院にて勤務