主な手術

日帰り白内障手術

一般的に、白く混濁した水晶体を超音波白内障乳化吸引術という方法で取り除きます。この時に、水晶体を包んでいる袋の後ろの部分を残しておきます。この水晶体後嚢に眼内レンズを挿入します。基本的に局所麻酔下に行い、手術時間は10分程度です(※個人差があります)。ご希望に応じて医師と相談のうえ、遠近両用眼内レンズ(多焦点レンズ)や乱視矯正用レンズもお選びいただけます。

対象疾患

白内障、水晶体脱臼、水晶体亜脱臼

詳しくはこちら

日帰り硝子体手術

当院では硝子体手術も日帰りで行っております。硝子体手術は、硝子体内部に起こった病気の治療を目的として、眼内の出血や濁りなどを硝子体と一緒に除去する手法です。具体的には、白目の部分に3ヶ所の小さな穴を開け、そこから細い器具を眼内に挿入して眼の中の出血や濁りを硝子体と一緒に取り除き、網膜に生じた増殖膜や網膜裂孔を治して、網膜の機能を回復させます。

対象疾患

黄斑前膜黄斑円孔硝子体網膜牽引症候群黄斑浮腫糖尿病網膜症(糖尿病黄斑症)硝子体出血網膜剥離、網膜分離症 など

詳しくはこちら